高校生でハゲる事ってあるの?つむじがヤバい!治療できる?

薄毛

 

10代の若ハゲは、改善できる可能性が高いです。

 

今も昔も、若ハゲに悩まされる人が必ず一定数います。

しかも、昨今はそのような症状に悩まされている人が増えているようにも感じます。

なぜでしょうか。

脂質の多い食生活やストレス、そして睡眠時間の減少や睡眠の質の低下
といったあたりが原因かもしれません。

 

10代といえば、まだまだホルモンバランスも安定しておらず
些細なきっかけで、一時的に薄毛の症状を起こすこともありうる年齢層。

 

中高年の薄毛と比較し、改善の可能性も高いはずですが
10代の場合、治療にお金をかけることも難しいでしょう。

 

この記事では、若ハゲの原因になりうる可能性の高い生活習慣の洗い出し

そして、10代でもできうる対策についてみていきます。

 

スポンサードリンク

 

若ハゲの絶望感

一般的にはハゲる年齢ではない、という認識があるだけに
その絶望感たるもの尋常ではないでしょう。

薄毛の改善のためにも、その絶望感の理由について、少し見ていきましょう。

 

特に気になるのつむじ|知らぬ間の進行が怖い

若ハゲで一般的に多いとされているのが、自分では見えにくい
つむじハゲ、とよばれるもの。

普段見えないので、余計に進行が気になって仕方ない
また、不安も増すばかりですよね。

不安が増すと、それがストレスになり、ますます髪の毛に悪影響が・・・
という悪循環になってしまうのがキツいところです。

なので、日々改善するであろう方向に生活習慣などを改善するのが必要となります。

 

中高年以上に周囲の目が気になる

やはり10代のうちなどは、異性を始めとした周囲の目が特に気になる年齢層です。

しかも、「こんな年齢で薄毛って、何か悪いことしたか?」と怒りにも似た
やりきれない感情も生まれてきます。

「将来はどうなるんだろう」
「このままいったら、結婚とかも無理なんじゃね」

などと言った不安もでてくるかもしれません。

10代での薄毛というのは、色んな意味で中高年の薄毛よりも深刻に捉えがちです。

 

治療に使える費用がない(少ない)

一般的に薄毛に悩む人口の多い中高年ですと、
クリニックなどでの治療も一般的になりつつあります。

が、高校生など10代ですと、やはり金銭的な問題から
なかなかそういった本格的な治療というのは難しいかと思います。

なので、いったいどのように治療、改善させてゆくのかと考えたときに
先行きが暗く感じることもあるかもしれません。

なので、なるべく費用のかからない改善手段を考えなくてはなりません。

 

若ハゲで特に注意したい生活習慣

若ハゲの場合、主に生活習慣などから引き起こされている場合が多いです。

では、いったいどのような生活習慣が髪の毛に良くないのでしょうか。

 

若ハゲに直結する可能性のある食生活

ジャンクフード類を多く食べる。

思い当たりませんか。

確かに美味しいですし、クセになる部分も多々ありますが
脂分が多かったり、必要な栄養素が摂れなかったりで
あまり良くはないですね。

また、美味しいお菓子類もあまりよろしくない添加物なども
多く含まれていたりしますので、本来は避けたほうが良いです。

 

過度のストレス

少しのストレスであれば、むしろ無菌状態よりは健康にも良いのですが
度を越したストレスは、良いことなど全くありません。

もちろん、髪の毛にも影響があります。

ストレスなどメンタルの問題は、髪の毛はもちろん
身体のあらゆるところに影響してきます。

これに関しては、とにかく解消していく手段を考え
なるべく早急に実行する必要があります。

 

睡眠時間と睡眠の質の低下

最近は、寝る直前までスマートフォンに触れていたりで
睡眠時間のみならず、睡眠の質も低下しがちです。

睡眠中に、細胞やメンタルの修復、代謝がおこなわれます。

なのでしっかりとした、質の良い睡眠を充分な時間確保する事が大事です。

睡眠時間に関しては、最低でも7〜8時間
できればそれよりももう少し確保したいところではあります。

それと同時に、深い睡眠
いわゆる質の良い睡眠がとれるようにしたいものです。

 

若ハゲを治す、改善する方法

では、その若ハゲを改善してゆくためにはどのような方法があるのでしょうか。

 

費用をほとんどかけられない場合

10代のあなたの場合、抜け毛や薄毛が気になっていても
その治療にお金をほぼかけられない場合も多いと思います。

その場合、とにかく生活習慣の改善を徹底してみましょう。

食生活の改善

基本的に、身体的なコンプレックスや悩みに関しては
和食を勧めております。

ただ、和食の場合はタンパク質の摂取量が足りない場合もありますので
魚や納豆などを多めにして補うと良いでしょう。

古くから受け継がれてきた和食は、やはり日本人の身体に適したものですし
無理なく吸収され、一番よい食事です。

 

とはいえ、自分で自炊するという訳ではないと思うので
毎日和食というのも難しいでしょう。

 

であれば、毎日の食事に納豆や味噌汁などを取り入れ
その上で、いわゆるジャンクフードなどの摂取を少なくするのが良いと思います。

おやつにしても、ポテチよりも和菓子にしましょう。

薄毛を治すためです。

ここは頑張りましょう。

 

適度な運動を取り入れる

一般的な勤め人よりは、運動量は多いことと思います。

が、そもそも10代のときなどは、身体を動かすようにできていますので
プライベートでの運動の習慣のないあなたの場合
何かしら身体を動かす趣味を取り入れてみましょう。

身体を動かす事で、ストレスの軽減といったメンタル面の改善のほか
血行もよくなるので、頭皮環境も良くなります。

また寝付きもよくなり、質の良い睡眠がとれる率も上がります。

睡眠の質を高める

食生活や運動とともに、非常に重要なのが睡眠です。

色々忙しいとは思いますが、遅くてもせめて24時前には寝るようにしましょう。

そして、できれば8時間は睡眠時間を確保したいところです。

また、浅い睡眠ではなく、しっかりとした
いわゆる質の良い睡眠をとるためにも、寝る前のスマートフォンなどは
控えた方が良いです。

友人とやり取りしたりなど、寝る直前までスマートフォンを使用したくなる気持ちはわかりますが
薄毛改善のためにも、いったんそれは我慢しましょう。

23時に寝るのであれば、22時以降はスマホをいじらない習慣をつけていきませんか。

 

洗髪の改善

洗髪も、正しい方法、というのがあります。

あまり熱くないぬるま湯で、爪をたてずに指の腹で洗う。
そして、しっかりのすすぐ。

ワックスなど整髪料を使用しているのであれば、
しっかりと洗い流す事を意識しましょう。

整髪料などが頭皮にのこっていると
それが毛穴に詰まり、薄毛の原因になりかねません。

 

あとは、普段使用しているシャンプーを、
頭皮環境の改善を狙ったものにするのも手かもしれません。

 

一応参考までに、比較的安価で、かつ良さげなもののリンクをはっておきます。

乳酸菌で頭皮環境改善!「BUBKAスカルプケアシャンプー」

アミノ酸シャンプー【アロマのやさしさ】

【日本最多組合わせ】オーダーメイドシャンプー&トリートメント「mixx」

 

 

クリニックでの治療を試してみる

可能であれば、やはりクリニックでの治療が一番良いのは言うまでもありません。

ただ、やはり費用面だけがネックになりますね。

また、いちいち通院するのも、多忙な10代にはしんどいかもしれません。

最近は、オンライン診療なるものもあったりするので
以前よりは便利にはなっていますが。

オンライン診療のAGA治療「髪のクリニックSeed」

このあたりは、費用面が捻出できれば間違いない手段ですが
さすがに手持ちを無理して全部吐き出すような事はやめておいた方が良いです。

それによって、逆にストレスになってしまっては
元も子もないので。

 

あくまで、予算面でゆるせば、という前提があってのものとなります。

 

まとめ

若ハゲ、薄毛の悩みは10代でもあります。

中高年の薄毛よりも、むしろ深刻な悩みかもしれません。

その主な原因は生活習慣やストレスの場合が多いので
それらを解消、改善するのが治す近道ですね。

しかし、本当に深刻な状態であれば、クリニック治療が確実ですし
今の薄毛解消だけでなく将来の事まで考えれば、
頭皮に良いシャンプーの使用もオススメできます。

なんにせよ、生活習慣の改善は必須なので
まず、今この瞬間から、できることはやっていきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 


コメント