薄毛でパーマは失敗する事もある?薄毛メンズ向けにポイントを絞って解説

薄毛

この記事は、以下のようなお悩みをもつあなたにオススメです

最近薄毛が進行してきた気がする。
ボリュームを出して薄毛を目立たなくするためにパーマをかけてみようかな。
でも、失敗して抜け毛が増えたり、逆に薄毛が目立ったりしたら嫌だな、、、

 

この記事で得られる情報

・パーマで薄毛が進行する可能性と理由について解説
・薄毛でも失敗しないパーマのポイント
・薄毛男性のヘアスタイルでおさえておくべきポイント

若干M字気味の私も気をつけているポイントですので、特にM字系のあなたには参考になるかと思います。

 

スポンサードリンク

 

パーマ失敗で薄毛や抜け毛が進行する事もある?

回答:ほぼないとは思いますが、条件次第でなくはないです。

髪の毛や頭皮のコンディション考慮をしないと薄毛進行の可能性も

薄毛隠しにパーマをかける場合、髪の毛や頭皮の状態には気をつけた方が良いです。

髪の毛がダメージなどで細い状態ですと切れ毛の原因となり得ますし
頭皮の荒れた状態でパーマをかけると、接触性皮膚炎の悪化で抜け毛が増える可能性もあります。

なので髪の毛が傷んでいる、もしくは頭皮に湿疹があったりなど、コンディションの悪い状態でのパーマ施術は避けましょう。

自宅でのセルフパーマは薄毛メンズには不向きです

時間がないなどの理由があっても、自宅でのセルフパーマなどは避けた方が良いですね。

パーマをかける際には、薬剤の置き時間など、微妙な調整が必要だったりします。
また、頭皮へがっつり付着してしまったり、頭皮についた薬剤が残ってしまう事によるダメージ(炎症)も心配です。

それらにより、自分でやった場合頭皮や頭髪に大きなダメージを与えてしまう危険性があります。
そしてそれが原因となって薄毛や抜け毛が進行する可能性も否定できません。

なのでできればセルフパーマは避ける。

そして今の髪の毛や頭皮の状態でパーマをしても大丈夫か、という部分につきましても施術前に美容師さんに確認しておけばより安心ですね。

パーマで失敗しないようにする為のポイント

パーマで失敗しない為に意識しておきたいポイントが3点ほどあります。

パーマの間隔は長めに取りましょう

落ちかけのパーマはまとまりにくかったりで、ついつい短い間隔でかけなおしたくなったりしますが、それはやめておきましょう。

毎月パーマをかける、という感じになりますと、さすがに髪の毛へのダメージが心配になってきます。

切れ毛などが発生して、薄毛をカバーするはずのパーマで逆に髪の毛が薄くみえる危険性もあります。

ですのでパーマをかける間隔は、2〜3ヶ月程度はあけた方が良いですね。

頭皮や髪の毛にダメージのあるときは避ける

頭皮や髪の毛にダメージのある状態での施術は避けましょう。

頭皮や髪の毛のコンディションによっては、切れ毛や抜け毛の危険性もあります。
また、悪化すると抜け毛の可能性もありますので要注意です。

頭皮や髪の毛の状態が悪いと感じるときには、パーマは避けておきましょう。
また、特に状態に問題がないと感じても、心配であれば美容師さんに施術可能か確認すると安心ですね。

当日のシャンプーは避けたほうが良いです

パーマをかけた当日はシャンプーはしない方が良いですね。

と言いますのも、更なる頭髪へのダメージ、そしてパーマがとれやすくなる、という理由があげられます。

余計に頭皮にダメージをあたえると、徐々に薄毛が進行してしまうかもしれません。

なのでパーマ当日のシャンプーは避けるのが良いです。

薄毛パーマスタイルの髪型について

基本的に、額を出すほうが逆に目立たなくなりますし、清潔感もあります。

薄毛メンズは額を出すのが基本です

パーマスタイルのみならず、薄毛のメンズは特に額を出すようにするのが良いです。

M字などは、隠すと逆に悪目立ちしてしまいますし、すだれ状態になりますと清潔感といった点からもちょっとマイナスになってしまいがちです。

そして、額を出した方が目線も上にいくため、薄毛が目立ちにくくなる効果も期待できます。

薄毛を目立たなく、そして清潔感のあるヘアスタイルにするために、薄毛メンズは思い切って額を出す事を強くオススメします。

頭頂部のボリュームを増すようにパーマをかけてみましょう

特につむじハゲの場合、頭頂部にボリュームを出すようにパーマをかけると良いです。

頭頂部の髪の毛の根元を立ち上げてボリュームを出します。
するとボリュームが増すだけでなく、ウエーブした髪の毛が重なる事で、頭皮が透けて見えるのをカバーしてくれます。

パーマをかける際には、頭頂部にボリュームをもたせるようにかけると良いですね。

毛先を散らすのもオススメです

毛先をランダムに散らすのも、薄毛メンズにオススメのパーマですね。

毛先に動きを出す事で、薄毛が目立ちづらくなる効果が期待できます。

動きを出す事で、薄い部分を目立ちにくくする為にも、毛先を散らすようにパーマをかけるのが良いです。

サイドはしっかり短めに

サイド部分に関しましては、とにかく短めが基本。
刈り上げるのも良いですね。

薄毛が進行しても、サイド部分に関しましては、最後までボリュームが残ります。

なので薄毛でない頃のヘアスタイルと同様にすると、頭頂部がぺたんこでサイドだけやたらボリュームが、、、
となりがちです。

刈り上げまではちょっと、、、
という事であれば、できるだけ短くして、その上でサイドのボリュームをすく事で同じようなシルエットにできます。

ボリュームの残るサイド部分との兼ね合いからも、サイドは短くするのが基本です。

日頃使いのシャンプー類も、頭皮に優しいものにしておくのが良いかも

パーマで薄毛をカモフラージュしつつ、清潔感があってモテるヘアスタイルにするためには、普段からのケアも重要ですね。
基本的には、頭皮の保湿効果などがしっかりしたシャンプーを選ぶと良いです。

 

界面活性剤などを含む一般的なシャンプーは、泡立ちも良く洗った感があるため使い易くはありますが、頭皮に良くない、というか悪いと言われる事が多いです。

ただ、これに関しましては特に問題ないとの説もありますので何とも断言は難しいですが、やはりできれば危険な橋は渡りたくないもの。

 

ですので界面活性剤なども使われておらず、保湿効果など頭皮環境を整えてくれるシャンプーを使用すると良いですね。

 

まとめ

薄毛を上手くカモフラージュし、見た目にもカッコよくパーマスタイルがきまれば、ビジュアル要素で、多分モテ度とかは上がると思いますよ^^

やはり、コンプレックスに感じている薄毛を気にしなくて良い、それだけでも自信のある堂々とした姿に見えるはずなので。

 

ある程度の間隔をあけ、頭皮や頭髪のコンディションに気をつければ、パーマが原因で薄毛の進行が早まることもないはずです。

サイドを短くした上で、頭頂部のボリュームと毛先のランダムな遊びを意識してパーマをかけると、かなり良い感じになるかと思います。

 

オシャレ度も上がりますし、こういったスタイルはアリだと思いますよ!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント