身長が高すぎて怖いと言われる|威圧感や圧迫感をなくす方法

身長

一般的に、身長のコンプレックスというと「低い」側の場合が多いですが
逆に高すぎる身長もコンプレックスだったりします

どこにいても、なにか無駄に目立ってしまうし
周囲からの「でかっ」という特異な目線も嫌だったりしますよね。

争い事なども嫌いなのに、なぜか威圧感や圧迫感があると言われる事もあったり。

 

しかし、高身長コンプレックスは贅沢な悩みだのと言われ
なかなか理解されませんよね。

 

この記事では、そんなあなたがコンプレックスを少しでも軽減し
むしろ活かせるようになるお手伝いをさせていただきます

 

スポンサードリンク

 

身長が高すぎるのも良い事ばかりではない?

一般的にはうらやましがられる事も多い高身長。

しかし、あまりに高すぎると、逆にコンプレックスになっていたりもしますね。

事あるごとに身長について言われたり、電車に乗るときなどに頭をぶつけたりして
恥ずかしい思いをしたり…
映画館などに行っても席はせまいし何かと不便。

また、周囲から「威圧感がある」とか「圧迫感を感じる」などと言われると
穏やかに過ごしているはずなのに何故?と悲しい気持ちになったりもしますね。

どこにいても、身長のおかげで目立ってしまうという事もあります。

せめてスタイルが良ければまだ良いのですが、
決して「高身長=スタイルが良い」ではないのが悩ましいところです。

 

目立つ事を逆に活かすために

身長が周囲よりも高い以上、目立たなくするというのは現実的に難しいです。

が、服装によって少しでも視覚的に低く見せる方法や
どうせ目立つのであれば、開き直ってよりスタイルよくカッコよく見せる方法などの
対処法があります。

 

高すぎる身長をカバーする着こなし

普段から何気なく着ている服。

実は、服の着こなし次第では、ただでさえ高身長のあなたが
実際よりも更に高身長に見せてしまう場合があります。

まず、そのへんの注意ポイントを見ていきましょう。

色遣いに気を使う

人の視線というのは、まず明るい色にいきます。
なので、明るく目立つ色、、、
白や赤などのアウターなどの着用はおすすめしません。

逆に言えば、シューズやパンツ意識して明るい色をもってくる事で
無駄に身長を意識させずに済みます。

カジュアル系のファッションであれば、ホワイトのパンツなども良いですね。

 

なるべく足元にボリュームをもたせる

また、アクセサリーやボリュームのあるものにも人の視線は行きやすいです。

なのでまずは、帽子や顔周りの目立つアクセサリーは極力避ける。

そして逆に、パンツの裾をロールアップしたりする事で
視線を足元にいかせ、少しでも身長の高さを意識させないようにできます。

 

 

よりスタイル良く見せる方法

どうせ目立つのなら、といっそ開き直って
せっかくなので、もっとスタイルよくカッコよく見せてしまうのも手です。

猫背にならない

身長が高いと、頭をぶつける事もありますし
更にはその身長を少しでも低く見せたいばかりに
ついつい猫背になりがちです。

しかし、猫背の状態ですと、逆に目立ってしまいますし
スタイルも良く見えません。

また、何やら自身もなさげに見えてしまい、全ての点で逆効果です。

まずはだまされたと思って、背筋を伸ばし胸を張って歩くことから始めてみませんか。

タイトめの服を選ぶ

スタイル良く見せるには、身長問わずジャストサイズ
そしてタイトめの方が良いです。

高身長のあなたは、特にパンツに関してはタイトめの方が良いです。

あまりにダボついたパンツなどは、ヤカラ感が出てしまい
周囲にムダに威圧感や圧迫感を与えてしまいかねません。

また、ローライズのパンツやロング丈の上着なども高身長と上手くバランスがとれます。

高身長のあなたには、キレイめで知的なイメージの服装が非常に合います。

 

威圧感や圧迫感を減らす3つの方法

身長が高い事で投影面積が増えますので、それだけでも威圧感を与えてしまいやすいです。

しかし、いくつかのポイントをおさえる事で、それを軽減し、逆に良い印象に変える事ができます。

表情で威圧感を減らす

人に威圧感を与える原因のひとつに、表情があります。

やはり、基本的に無表情の人や笑顔のない人は
怖く見えがちです。

なので身長の高いあなたは、ここは意識して表情豊かになれるよう
意識していきましょう。

まずはとにかく笑顔を意識しましょう。

 

話し方や行動で印象を良くする

話すときの声のトーンなど、話し方も重要です。

落ち着きのない話し方などは、身長が高く存在感のあるあなたがやってしまうと
印象的には良くありません。

なので、
落ち着いた話し方
攻撃的でない優しげな話し方
その上で、先の項の笑顔

を意識すると、だいぶ印象がかわるはずです。

 

また、背が高い事で威圧感を与えているあなたが、意識して人に優しく接する事で
良い意味での意外性を相手に与えることができます。

 

 

なるべく腰をかがめて怖さを減らす

基本的に、あなたが普通に立っている状態ですと
ほぼ間違いなく相手を見下ろす感じになると思います。

やはり、あなたに何の他意がなくても、上から見下ろされることで
威圧感や圧迫感を感じる人も多いです。

なのでできたら、なるべく腰をかがめて、目線を下げての会話ができると良いですね。

もちろん毎度毎度は現実的に無理ですが、それができるときにはした方が良いです。

ただ、腰を傷めないようにだけは注意してくださいね。

 

 

まとめ

一般的にはうらやましがられる事の多い高身長。

それゆえ、コンプレックスをもっていても、なかなか理解されません。

なので低身長のコンプレックスよりも、ある意味深刻かもしれませんので
本当にあまりに気になるようでしたら、心療内科などで相談するのも正解です。

 

ただ、ここにご紹介させていただいた方法をあなたなりに取り入れる事で
高身長コンプレックスを少しでも解消するお手伝いができれば幸いです。

 

あなたの魅力を充分に活かし、より快適な日常を送れることを
心より願っております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 


コメント