短気を自力で治す方法は?誰でも実践できるイライラしない4つの改善法!

性格

 

こんな事ありませんか?

・ちょっとした交通機関の遅れで腹がたってしまう

・自分の正義に反する行動が許せない

・相方と、些細な事でついケンカして後悔することがたびたびある

 

曲がったことの嫌いな真面目な方ほど、正義感の強さなどからついつい短気になってしまいがち。

しかし、短気な自分に疲れたり、改善してもう少し楽に過ごしたいと思ったりしますよね。

この記事では、短気な性格を自力で治す方法や、今すぐに取り入れられる考え方をご紹介します。

スポンサードリンク

 

短気を治す方法【4つにまとめました】

自分も楽に生きたいし、周囲にも迷惑をかけたくない。
そしてできるだけ良く見られたい。

そして何よりも、自分は幸せに楽しく生きるために生まれてきた、ということを強く考える必要があります。

自分を客観的に見る事が大事です

短気を直すにあたって手っ取り早いのは、自分の言動を客観視する事です。

やっぱり正直な所、周囲から良く見られたいですよね。

であればもしイラつくような事があったときには「短気な自分、イラついている自分ははたしてどのように見られているのか」を意識してみると良いかもしれません。
多分、そういった状態のときは、周囲もあまり良い気分ではない場合が多いかと思います。

あなたも、休日に出かけた際など、何かもめているような場面に出くわしたら、恐らく良い気分はしないと思います。
「せっかく楽しく過ごしたいのに、嫌な場面を見ちゃったな」という感じかと。

なのでまず、あなたがそのようにならないように、客観視してみると良いです。

常に自分は間違っている、という考えを忘れないように

自分は常に間違っているかもしれない

私もこれを随分叩き込まれました。

「自分が正しい」だとどうしても傲慢になり、人は伸びません。
また、対人面に関しましても、あなた同様に相手も自分の正義で行動していますので、お互い主張しあったところでぶつかるだけです。

「自分の方が間違っているかもしれない」
そして明らかに相手が自分と違う考えであっても
「なるほど、このような考えもあるのだな」というように否定せず前向きに捉える事で腹も立ちにくくなります。

周りからも愛されて幸せに暮らしている大物は、ほぼ大体この考えをもっています。
だから起動修正もできるし時代の変化にもついていけるんですね。

このような謙虚で柔軟な考えを身につける事により、短気の改善とともに自身の更なる成長も見込めますよ^^

全てにおいて余裕を持つと良いですよ

とにかく余裕を持つ事を心がけると良いです。
時間、お金、体力などなど、全てにおいて余裕を持つことが重要です。

人間、余裕があると腹も立ちにくくなるものです。
逆に、何をするにしてもギリギリラインの事をすると、些細なことで苛立ったりと短気に拍車をかけてしまいます。

例えば殺伐とした通勤電車。
ギリギリの隙間に滑り込み、ただでさえ雰囲気が悪くなりやすい環境です。
その上時間ギリギリの行動をしている人が多いです。
だから妙に殺気立っていたりする訳です。

が、これもせめて時間だけでも余裕をもって行動していれば、強引にこじ開けて乗らなくても済んだりと、心に余裕ができます。
それだけでもだいぶ穏やかに過ごせます。

ちなみにですが、すぐに機嫌の悪くなる人、キレている人をみてどう思いますでしょうか。
多分、貧乏くさい感じや小物感を感じるかと思います。
あれ、余裕がないからそのように見えるんです。

なので時間やお金、そして体力など全てにおいて余裕を持っての行動を心がけると良いです。

折れた方が得な事が、たぶん多いです

実のところ、折れたもの勝ちの場面は実に多いです。

ついついカッとなって揉めそうになったとき、相手に素直に誤られると肩透かしを食らった気分になりませんか。
そして自分の小物ぶりに嫌気がさしたりしますよね。
折れた方が相手に貸しを作ることができたり、大物感を醸し出すことができます。

職場で、折り合いの悪い相手と些細な事でトラブりそうになった際など、あなたの方から折れてあげると良いです。
それによって、周囲もあなたに同調してくれやすくなります。
そして相手も負い目を感じますので、その後に何かで埋め合わせてくれたりなど何かと良い事が多いはずです。

なのでイラッとしても自分が折れてあげて、笑顔で下手に出る事をおすすめします。

折れたもの勝ち、という場合が多いことを意識しておくと良いですね。

短気を改善するために、意識したい4つのポイント

短気を直すために意識したい、メンタルの持ち方についても見ていきましょう。

時間が有限である事を意識する

実のところ、一番大切で価値のあるものは時間です。

例えばお金は、失っても後でいくらでも稼ぎようがあります。
が、失った時間は取り戻す事は不可能です。
そして時間は、あらゆるものを生み出す大きな可能性があります。

イラついている間にどれだけ有益なことができるかわかりません
例えば、イラついている時間を勉強などに使えば、後々それが大きなリターンとなって帰ってくる可能性もあります。

時間は有限ですので、時間が如何に貴重かをもっと意識すると、腹を立てている時間などない事に気づくかと思います。

常に、時間がどれほど貴重なものか意識すると良いです。

短気な人やクレーマー等を見かけた時に感じた気持ちを忘れないように

機嫌の悪い人を見かけた時の気持ちを、忘れないようにしておくと良いです。

あなた自身が機嫌が悪くなっている時なども、周囲から同じように見られています
そう考えると「あれと同類には見られたくないな」と思ったりしませんか。

機嫌の悪い人やクレーマーまがいの人を見かけると、やはり嫌な気分になるかと思います。
場合によっては、みっともないなあと思ったりすることもありますよね。

機嫌の悪い人にあなたが持った感情=周囲の人が機嫌の悪いときのあなたに持つ感情
ですので、短気な人などを見かけた時の気持ちを忘れないようにしておくと、短気の抑止力になります

自身の言動が、何らかの形で返ってくる事もありますよ

自分自身の言動は、直接的間接的問わず、何らかの形で帰ってきたりする事もあります。

世の中、人と人の関係で成り立っていますので、自身の言動が将来にわたり全く無関係とも考えにくいです。

たとえば、
原付の運転中に横断中の歩行者を蹴散らすような運転をする
その歩行者が、車を運転したときに、その怒りを他の原付にぶつける

このような負の連鎖が発生しますので、それがじき何らかの形で返ってきたりもします。

なので下手なことはできません。
前向きで良い連鎖の大元になる方が間違いなく良いですよね。

自分の言動などは返ってくる可能性があると意識しておけば、もしかしたらちょっと良い未来があるかもしれません。

人脈とお金と健康で人生の楽しさが決まります

人と人のつながりは、人生を楽しく生きる上で非常に重要な要素です。

人は基本的に集団生活を前提とした生き物ですので、人同士のつながりが希薄になりますと、ちょっとさびしい人生になりがちです。

一人暮らしの長くなった年配の方などが話し好きだったりしますよね。
やはり、年令問わず人とのつながりが欲しいんです。

1人の方が気楽で良い、と考える方もいらっしゃるかとは思います。
それもまたありだとは思います。

が、やはり本来あるべき人とのつながりを持って生活していくほうが、より楽しい日常を送れる可能性が高いです。

短気な人の周りには、本音でぶつかってくれる相手がいなくなります。
そのような事にならないよう、人とのつながりを常に意識すると良いですね。

根本的な考えを変えることで、楽に生きられるようになりました

かく言う私自身も、自分の正義が先走ってしまい、納得のいかない事にいちいち腹をたてていた時期がありました。

しかし、自分と同様に他の人もその人なりの正義に基づいて行動しています。

短気は自分の感情を優先している状態であり、小物感や貧乏くささが出てしまいます。
が、逆に余裕をみせる事で大物感やお金持ち感が出ますし、実際にそこに近づいていけるように感じます。

「自分の正義が絶対ではなく、自分は間違っているかもしれない」

この考えを常に柱にすることで、いちいち腹を立てる事もなく穏やかに楽に生きられるようになりました。

ぜひこの言葉だけでも、胸に留めておいてください。

腹が立つような場面で、きっと役立つはずです。

 

最後までお読みいただいて、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 


性格
フォローお願いします☆
男のコンプレックス解消研究所

コメント