オイリー肌|その改善方法で大丈夫?メンズに適したスキンケアをご紹介

肌のトラブル

 

気がついたら、自分の顔がテカっている。

朝、家を出発するときには、むしろ乾燥気味だったのに
いつの間にか脂ぎっていたりしますよね。

そんなオイリー肌を何とかしたい。

この記事では、メンズオイリー肌改善する正しいスキンケア
常備しておきたいアイテムをご紹介していきます。

テカリを抑えて、より清潔感を醸し出しましょう^^
 

スポンサードリンク

 

オイリー肌のメンズが気をつけたい3つの事

顔が脂ぎるのが嫌で、ついついやってしまう間違った習慣。

そして、オイリー肌対策として日常から気をつけておきたい注意点があります。

ここでは、特に気をつけたいポイントを3つに絞ってご紹介します。

顔を洗いすぎる

顔をテカらせている皮脂を落とそうと、洗浄力の強い洗顔料を使用したり
また、1日に何度も顔を洗ったり、、、

ついついやりがちだったりしますよね。

しかしこれ、実はNGなんです。

本来必要な皮脂まで落としてしまうことによって
肌を守るために逆に余計な皮脂の分泌を促してしまいます。

ですのでまず、洗顔の方法に関しても注意しておいた方が良いですね。

基本的には

・ぬるま湯で
・程よく洗浄力がありつつも保湿成分の含まれる洗顔フォームで
・優しく洗ってしっかり流す

そして洗顔フォームを使用しての洗顔は、1日1回で充分です。

つまり基本的な洗顔時のポイントは、乾燥肌の場合とあまり変わらないんですね。

参考記事:男の乾燥肌の対策は?正しい洗顔方法とおさえたい4つのポイント!

肌トラブルは正反対に見えるものでも、ケアには共通点があったりしますので
乾燥肌のお手入れも併せてチェックしておくと安心です。

 

あぶらとり紙の多用

特に夕方くらいになると、顔のテカリも目立ってきます。

そこでついついやりがちなのが、あぶらとり紙の使用。

もちろん、あぶらとり紙の使用自体には問題ありませんが
やってしまいがちな間違いが何点かあります。

・テカリが嫌で、とにかく皮脂を徹底的に除去してしまう。
・吸い取るだけでは満足いかず、あぶらとり紙でこすってしまう
・気づくごとに、こまめにあぶらとり紙を使用している

これ全部NGです。

皮脂の取りすぎは、逆に脂ぎる原因となりますし
こする事により肌にもダメージを与えてしまいます。

なのであぶらとり紙を使用する際に、やりすぎには注意しておく必要がありそうです。

スポンサードリンク

寝不足や脂っこい食事

また、生活習慣も、オイリー肌の原因のひとつとなっている事があります。

睡眠不足やストレス、運動不足、そして食生活
といった部分は肌トラブルに直結します。

まずはここでは、生活習慣も原因のひとつなんだな、くらいに覚えておいてください。

 

オイリー肌を改善するために効果的な3つの方法

では、ここからはオイリー肌を改善するための方法を
ポイントを絞って見ていきましょう。

基本的に、すぐにできて効果も高いものを厳選してご紹介していきます。

洗顔方法の見直し

皮脂の落とし過ぎがNG、という事は
洗顔時にも、不要な皮脂や汚れは落としつつ
それでいて必要な皮脂までは落とさない。

そんな洗顔が必要になります。

何か文字で書くと実に面倒臭そうに感じますが、ポイントをおさえれば簡単です。

使用する洗顔料に関しまして

これは、それなりの洗浄力ありつつも保湿成分の含まれたもの。

例えばヒアルロン酸やコラーゲンなどですね。

汚れや不要な皮脂を落としつつも、しっかり保湿することが重要です。

私はロクシタンのイモーテルシリーズでスキンケア商品は揃えておりますが
朝乾燥気味で時間が経つと脂ぎる、脂性乾燥肌向けの
アクアレオティエ ジェルクレンザー などの使用も良さそうです。

 

洗顔時のポイント

基本的に、洗顔フォームの使用は1日1回で良いです。

1日の汚れを落とす意味でも、夜の入浴時などの使用がベストでしょうね。

 

入浴時であれば、すでに毛穴も開いていることと思います。

なので汚れ落とし効果も高いのですが、
こと洗顔時においてはぬるま湯を使用するようにしましょう。

普段シャワーなどを浴びる際の温度だと高すぎます。

シャワーを浴びたり入浴するにはちょっと低いかな
くらいの湯温での洗顔が基本です。

そして、基本的には手のひらでは顔に触れずに
洗顔フォームの泡で、くるくる円を描く感じで優しく洗う感じになります。

洗顔後には、ぬるま湯でしっかり洗顔成分を落としておきましょう。

 

スキンケアアイテムの常備と適切な使用

できれば普段から
・正しい洗顔
・化粧水や乳液・クリームの使用
はしておいた方が良いですね。

化粧水につきましては、セラミドなどの保湿成分含有のものを選ぶのが良いと思います。
また乳液やクリームも、保湿力の高いもので必要な脂の補給を忘れずに。

ちなみに同じ価格で同じ性能のものがあったら
可能であれば高価な方を選ぶ事をおすすめします。

プラシーボ効果というのもなかなかあなどれないものです。

ちょっと脱線しますが、例えば痩せる◯◯
といった食品やドリンクがありますが、正直それに含まれている成分で痩せるかと言うと微妙なところだと思います。

にも関わらず、実際にそれで効果の出ている人もいらっしゃいますよね。

何故かといいますと、それが効果があると思って飲んでいる
と同時に、こんな高価で、しかも痩せると書いてあるんだから痩せるに違いない
と、無意識のうちに効果の出る行動をするのです。

なので、同じ性能のものなら高価なものの方が効果を実感しやすくなります。←韻踏んでますね 笑

 

そしてあぶらとり紙は、おでこと鼻筋を軽く吸い取る程度で充分です。

それも1日に1〜2回で充分ですね。

その際にも、顔全体の皮脂を取るのではなく
おでこや鼻筋といった、特に皮脂の分泌の多い箇所に限定すると良いです。

そしてその後には化粧水でケアも忘れずに。
外出用に、持ち歩きできるサイズのミストタイプのものがあると便利ですよ。

 

できる範囲での生活習慣の改善

生活習慣の改善とひと事で言っても、習慣ですからなかなか変えられるものでもありませんよね。

なのでまずは、何かひとつでもできる事からやってみましょう。

脂っこい食事はなるべく減らす

皮脂の過剰な分泌を抑えるために、あまり脂質の多い食事は避けた方が良いですね。

また、血糖値が急激に上がるような食事、食品も皮脂の分泌を促進すると言われております。

具体的には食パン、チョコレート、ドーナツなどなど。

しかし、それらを食べないというのもなかなか難しいと思います。

なのでその場合には、低GI値の食品とあわせて食べると良いです。

GI値一覧表

 

なるべく早い時間に睡眠をとる

睡眠不足やストレスも、オイリー肌の原因となり得ます。

なので、なるべく早寝を意識して、充分な時間の睡眠がとれると良いですね。

ストレスや疲労も、しっかりと睡眠をとる事で改善されるといいますので
睡眠時間は何とかしっかり確保したいですね。

 

実は保湿が効果的|その理由は

オイリー肌に悩まされていると、ついつい皮脂の除去ばかりに気が行きがちですが
実はしっかりとした保湿も、非常に重要なんです。

特に私のように、朝乾燥気味でも時間と共にテカってくる
いわゆる「脂性乾燥肌」の場合は特にです。

オイリー肌の原因は肌の不足している水分を皮脂で守ろうとするのが原因になりますので
肌にしっかりと水分を与えてあげる事が大事なんですね。

なので、皮脂の除去に気が行き過ぎて保湿を充分にしない
というのは逆効果だったりします。

オイリー肌向けアイテムのおすすめの使用法

では、オイリー肌の改善に有効なスキンケアアイテムと
それらの使用方法について見ていきましょう。

化粧水

ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を配合したものが良いでしょう。

オイリー肌の改善には、保湿が非常に重要です。

化粧水は、基本的には朝夜の2回の使用が基本になります。

が、外出先であぶらとり紙など使用した際には
できればスプレータイプの携帯用化粧水をひと吹きしたいところです。

乳液やクリーム

化粧水が浸透した肌にフタをするイメージで使用します。

化粧水も、吸い込みやすいものとそうでないものがありますが
肌にまだ残っている状態で乳液などを使いますと、お互い混じってしまいますので
馴染みにくくなってしまいます。

また、クリームを使用する場合にはシアバターなど、あまり濃厚なものは避けた方が良いですね。

手にとった感じで、さっぱりしたものの方がオイリー肌には良いです。

あぶらとり紙

あぶらとり紙は、オイリー肌の方のほとんどが持ち歩いているアイテムですよね。

しかし、あまり使いすぎるのはNGです。

あぶらとり紙は、皮脂を結構根こそぎ持っていってしまうので
額や鼻筋あたりの使用にとどめ、使用後には軽くスプレータイプの化粧水を吹いてあげると良いです。

もしくは、あぶらとり紙の代わりにティッシュを使用しても良いと思います。

ただ、どちらにせよ、こすったりしないように気をつけましょう。

 

最後に

オイリー肌の改善には、過剰な皮脂を分泌させない事が重要です。

なので、実はしっかりとした保湿と必要な分の皮脂を残してあげる事が重要です。

そして、生活習慣についても気になる部分があるようでしたら
できる範囲で徐々改善していくと良いですね。

私自身も、以前は皮脂の除去にばかり気をとられていましたが
むしろそれをあまり気にしなくなってから改善の傾向がみられます。

早速、できるところからやっていきましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 


コメント