薄毛治療に保険適用されるの?医療費控除の対象になる?

薄毛
スポンサードリンク

 

以前は諦めるしかなかった薄毛の進行。

今は専門のクリニックなどで薄毛の治療が可能となっています。

しかしこの薄毛治療、それなりの期間と費用が必要となってきます。

当然、少しでも経済的負担を抑えたい、とお思いの事でしょう。

そこでこの記事では

・薄毛治療の際の保険適用の可否

・医療費控除の対象となるのか

について見ていきます。

 

 

薄毛治療の経済的負担

いわゆるAGAの治療の場合、月にだいたい10000〜30000円程度かかります。

それを最低半年、傍目から見てもわかるレベルまでは1年程度の継続が必要となりますので
経済的負担が大きいのが難点です。

本来必要のないはずの出費が万単位でかかるというのは、なかなかしんどいものがありますよね。

なのでできれば保険が適用されると良いのですが
AGAに関しては自由診療、つまり保険の適用範囲外、となります。

しかし、医療費控除に関しては、条件付きではありますが
受けられる場合があります。

ちなみにこの医療費控除ですが、他の通院治療などにかかった費用と合算できます。

なのでAGA治療を行う場合には、他の治療費に関しても
領収書などは保管しておくと良いですね。

 

 

保険や医療費控除の適用の可能性

薄毛や脱毛の治療は、身体の機能や命にかかわるものではないため
ほとんどの場合自由診療となります。

なので保険適用の範囲外です。

しかし、例外的に保険適用対象となる場合もあります。

また、医療費控除に関しては、条件がありますが適用される可能性が高いです。

保険が適用となる場合

下記のように、病気による脱毛の場合には保険が適用

円形脱毛症

ストレスなどが原因と言われる円形脱毛症ですが
はっきりとした発症の理由は、未だに明確にはなっていません。

が、主にストレスや自己免疫疾患などによる病気という位置づけになりますので
基本的には保険の適用範囲となります(治療法により保険適用外もあり)

自然治癒する事もありますが、逆に広がったりする事もあり
また、再発の危険も高めとされています。

 

 

甲状腺機能障害

こちらも、自己免疫の異常によって発症する病気です。

主に女性に多い病気ですが、男性の場合も発症の可能性はあります。

このような、いわゆる病気としての位置づけの薄毛、脱毛の治療には
保険適用の範囲内となることが多いです。

 

医療費控除が受けられる場合

これは、医療機関の診察を受けているかどうかがポイントとなります。

クリニックで診察を受け、AGA治療目的で処方された育毛剤などであれば
医療費控除の対象となる可能性が高いです。

また通院の際にかかった交通費も、医療費控除の対象に含まれますので
いくらかかったかは、しっかり把握しておいたほうが良いですね。

 

また、領収書や診断書などはなくさないように保管しておきましょう。

現在は領収書がなくても申請は可能ですが
5年間の保管が義務付けられており、税務署から提出を求められる事があります。

 

まとめ

継続が必要であると同時に、毎月それなりの費用がかかるAGA治療。

基本的には保険の適用外にはなりますが、医療費控除は受けられる可能性が高いので、
領収書の保管と、かかった交通費の把握はしっかりおこないましょう。

また、合算が可能なので、他にかかった治療費に関しても
領収書の保管などと併せて、費用を把握しておくと良いですね。

決して安い金額でもありませんので、このような制度を利用しつつ
治療に専念したいところです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 


コメント