顔がでかい男性以外は読まないで下さい|ファッションのポイントはココ

体型

 

性別問わず、顔が小さい方がもてはやされますよね。

なので、自分自身の顔が大きめだったりすると
それがコンプレックス気味になったりもします。

しかし、大きめでもファッションでカバーすることは可能ですし
考え方次第でむしろ長所ともなり得ます。

 

スポンサードリンク

 

顔が大きい事を感じさせにくいファッション

自分の顔が大きい。
そしてそれが気になるしバランスも悪い感じがする。

であれば、ポイントをおさえたファッションで、
顔の大きさを感じさせにくくしてみてはいかがでしょう。

そのポイントをご紹介していきますね。

 

トップスについて

まず、顔に近い部分
トップスの選び方や着方に気をつけていきましょう。

シャツは第2ボタンまで開ける

顔が大きい場合、首元が詰まったトップスはNGです。
余計に顔が大きく見えてしまいます、

なので、首元をすっきりさせる着こなしや服を選択するのが良いです。

シャツなどは、可能であれば第2ボタンくらいまで外してみるのもアリ。

 

TシャツならVネックがおすすめ

首元をすっきりさせるために、TシャツもVネックのものが最適。

Uネックのものもアリといえばアリですが
シャープなVネックの方が、小顔効果といった点に関しては軍配が上がります。

また、逆にタートルネックなどの首の詰まったものは
顔の大きさを強調してしまうので避けた方が無難です。

 

 

タイトすぎないシルエットのものを選ぶ

シルエットに関しては、あまりタイトすぎるものよりも
多少余裕のあるシルエットのものの方が、顔の大きさはごまかしが効きます。

 

 

小物をうまく取り入れてみる

また、顔まわりに小物をうまく取り入れることで
小顔効果を狙うこともできます。

帽子

帽子をかぶることで顔の露出面積自体を減らしてしまうというのも
ひとつの手段です。

帽子全般有効ではありますが、とにかく小顔効果にこだわりたいあなたには
ハットが良いでしょう。

メガネ

メガネやサングラスも、小顔効果のあるアイテムです。

ただ、購入する際にはサイズだけはしっかり選びましょう

サイズ選びのポイントとして、基本的にはレンズ幅が顔幅に合っている事が大事です。

また、濃いめの顔のあなたは細めのフレーム
あっさりめの顔のであれば、逆にゴツめのフレーム
を選ぶことで、より小顔効果が期待できます。

 

ネックレスなど

ネックレスも、若干長めのチェーンのもので顔周りにゆとりをもたせます。

視覚を分散させると同時に、ネックレスによって作られる首元のシャープなV字が
小顔効果を増してくれます。

 

顔が大きい事を長所にする方法

スポンサードリンク

顔が大きいと言っても、実はそこまで気にすることも無いように思います。

結局、完璧な容姿の人というのもほとんど存在しない訳で。

顔の大きさというのも、それらの一要素に過ぎませんし
そもそも女性からも、男性の顔の大きさなどほとんど気にされていませんし
特にモテるモテないとは関係ありません。

なので、顔が大きいというのも、逆に長所にすらなり得るのです。

 

いつも笑顔を意識してみよう

そもそも小顔が美の基準というのも、アジアの一部だけです。

海外では、むしろ大きめの顔のほうがカッコいいとされているくらいです。

 

また、大きい顔の方が、どことなくとっつきやすいという部分もあります。

 

なので、基本的に気持ちの持ち方ひとつだったりします。

そこで気にしていただきたいのが笑顔ですね。

ただでさえ、周囲より大きい顔で印象に残りやすいので、
あなたの表情や雰囲気が素敵であれば、
周囲の人たちよりも、より良い印象を強烈に与えられます。

つまり、顔が大きい時点で、強い武器をひとつ持っているようなものです。

 

爽やかな短髪がおすすめ

そしてその、笑顔が際立つ素敵な印象を与えるために
髪の毛も短髪のほうがより良いですね。

特に、女子ウケという点では短髪に勝るものはありません。

すっきり爽やかな、清潔感あふれる短髪は
顔の大きいあなたにも最適です。

 

それでもやっぱり小顔にしたいのであれば、こちらの記事が参考になります。
顔を小さくしたい!【今すぐできる】男が小顔を作る方法

 

まとめ

大きめの顔がコンプレックス、という方も多いですが
そもそも小顔がもてはやされるのは日本やアジアの一部くらいです。

海外では多少大顔のほうが良い流れだったりしますし
むしろこれは個性としてプラスに捉えた方が間違いなく良いです。

ファッション的にバランスが悪いと思われがちですが
それも着こなしや、服の選び方で全然カバーできます。

 

周囲より大きめの顔によって、せっかく印象に残りやすい訳ですから
それを武器にしてしまいましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

 


コメント