身長が伸びない高校生には原因があるかも?今からでも伸ばす方法とは?

身長

成長期のはずなのに、中学3年の頃からほとんど身長が伸びていない。

周囲よりも低く、そのため自信が持てず、堂々と女子と接するのはあまり得意ではない。

そんなあなた

食事など生活習慣の改善で、まだまだ伸びる可能性があります

 

この記事では、高校生からでも身長を伸ばすポイントを提案していきます。

 

スポンサードリンク

 

身長の伸びが止まっている理由

可能性がある以上、まだまだ身長を伸ばしたいと思いますよね。

ということで、まずは伸びが止まってしまっている理由からみていきましょう。

これをつぶしていく事で、身長を伸ばすヒントが得られるかもしれません。

 

栄養の不足やバランスの悪い食事

まず考えられるのが、栄養面に問題がないか、という部分。

身長を伸ばす、成長ホルモンの分泌には
やはりバランスの良い食事が必要になります。

よく、「ミルクが良い」や「アルギニンサプリメントが良い」などと聞きますが
それだけでは当然だめですよ。

バランスのとれた食事が必要になります。

例えばビタミン類にしても、成長ホルモンを作る際に必要とされるビタミンAが必要ですが
カルシウムを骨に定着させるビタミンKなども必要です。

そしてそのビタミンKは、ビタミンDと同時に摂取する事で、相乗効果があります。

そのように、各栄養素が絡み合うことできちんと機能するので
まず、バランスの良い食事を、量的にもしっかり摂る事が重要です。

 

また、ジャンクフードなどもあまり摂りすぎない事が大事です。

例えば、揚げて時間の経つ油などは、酸化してしまい細胞を傷つけてしまう事にもなります。

 

 

睡眠不足

予備校通いやアルバイト、習い事などで充分な睡眠をなかなか確保できていないかもしれません。
それに、ついつい夜更かししたくなったりする事もありますよね。

しかし、睡眠不足は成長ホルモン分泌の大敵です。

特に成長ホルモン分泌のゴールデンタイム、22時〜2時の間に睡眠をとる事が大事です。

現実的に22時睡眠が難しいにしても、少なくとも日付が変わらないうちには床につきたいものです。

 

 

運動量の不足

運動量が不足しても、やはり身長の伸びに影響する可能性があります。

しかし、過度の筋トレなどは、逆に身長の伸びをとめてしまう可能性があるので要注意。

また、日光にあたる事で、カルシウムの骨への沈着をうながすビタミンDが生成されるので、
太陽光を浴びる事も必要です。

なのであまり外に出ない、というあなたはそのあたりにも原因のひとつがあるかもしれません。

 

身長を伸ばすために必要なこと

いわゆる骨端線が閉じていない限り、身長が伸びる可能性はあります。

なので、先の項で紹介した、伸びない理由をどんどん潰していけば
まだまだ伸びる可能性があります。

ここでは、伸ばすためのポイントを見ていきます。

 

食事や栄養面

タンパク質やカルシウム、そして各ビタミン・ミネラル。
それらをしっかりバランス良く摂りたいものです。

おすすめは魚。

よくヨーグルトが推奨されていますが、ヨーグルトは元々ヨーロッパ発祥の食べ物です。
なので日本人の体質に必ずしも合うかは微妙なところです。

ミルクにしてもそれは同様です。

 

海洋国家である日本では、古くから魚類を摂取しておりますし
タンパク質やカルシウムの摂取には、特に魚類をおすすめしたいですね。

 

また、苦手な人も多いでしょうが、納豆も非常に良質な植物性タンパク質や亜鉛を摂取できます。

 

基本的には、特にタンパク質の充分な摂取を意識しつつ
和食ベースで栄養を摂っていくのが一番無駄がないはずです。

が、豚や鶏のレバーなども、成長ホルモン生成に必要なビタミンAを作るのに役立ちますので
良いかもしれませんね。

 

 

睡眠や運動などの生活習慣

睡眠については、とにかく無駄に夜更かししないこと。

忙しかったりするのはわかりますが、身長を伸ばすためです。

可能性がある以上、できる事はやりましょう!

22時〜2時の間、遅くとも24時には睡眠状態に入り、
睡眠時間に関しても、できることなら8時間〜10時間はとりたいところです。

 

 

また、運動については、やはり骨に縦方向の刺激を与える運動が良いと言われています。
なので、身長を伸ばしたくてバスケ部に入る、などはひとつの正しい選択ではあります。

ただ、これも栄養素と同様に偏ってはだめです。

身長を伸ばすためには、縦方向の刺激に加えひねったり曲げたり、といった動き全般が必要です。

ジャンプする事の多いスポーツに限らず、歩いたり走ったりすることでも
骨に縦方向の刺激を与える事ができますから、
バスケなどに限定せず、何かしらのスポーツを適度に習慣化できると良いですね。

後の項でも説明しますが、太陽光も身長の伸びに関係してきますので
できれば外でのスポーツを特にオススメしたいですね。

 

ちなみに「ぶら下がれば伸びるのでは」というのは全くの俗説です。
いくらぶら下がっても、身長の伸びには関係ありませんので
ぶら下がる時間があったら別のスポーツをしたほうが良いです。

 

身長が伸びるサプリメントについて考える

最近よく見かけるのが、身長が伸びる、という事をうたったサプリメント。

いやいや、それだけ摂取しても、まず効果ないと思いますよ。

色んな栄養素や生活習慣諸々が絡んでくるので、サプリメントだけでどうこうなるものではありません。

もし、さんざんな生活をしていたのに、
サプリメントを摂ってから身長が伸び始めたなどという事があったら、
それはプラシーボ効果的なものにすぎないでしょう。

 

ただ、そういったサプリメントも、食事や運動、
睡眠といった部分をしっかりやった上での摂取なら良いと思います。

が、ただそれに頼りっきり、というのはまったくもってオススメできません。

 

決してサプリメント類を否定することはありませんが、
あくまで補助的なものです。
それに頼りすぎず、まずは基本的な食生活や生活習慣の改善から入りましょう。

 

 

まとめ

骨端線が閉じていない限り、まだまだ可能性があるのですから
できる事はしっかりやりましょう!

なんでもそうですが、諦めた時点で可能性はなくなります。

 

食事はタンパク質を多めに、バランスの良い和食中心で。

そして睡眠はしっかり多めに
できれば22時には寝る。

適度な運動も習慣化したいところですが、それも太陽光を浴びられる外での運動なら
尚良し。

 

できることをしっかりやったから確実に伸びる、とも限りませんが
少なくとも後悔を残すことはなくなるでしょう。

また、何にしてもしっかり努力した経験は、後々いきてきます。

あなたのより素敵な未来を、心より応援しております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 


コメント