帽子をかぶるとハゲる?嘘くさいと思いつつも本当か検証してみた!

薄毛

 

帽子をかぶるとハゲる?!

 

そんな都市伝説的な事を耳にしたこと、ありませんか?

 

言われてみれば確かに、ヘルメットや帽子をかぶる機会の多い人に、薄毛が多いような気もします。

 

今現在、薄毛やハゲと縁のないあなたも、将来的にハゲるのは避けたいところかと思います。

という事で、この都市伝説の真偽について、所長自ら調査してみました。

 

スポンサードリンク

 

【悲報】場合によっては、帽子がハゲにつながるかもです

ハゲ頭の画像

ハゲる原因は遺伝やストレス、生活習慣と言われていますし
「帽子でハゲなんて有り得ん!」
という意見が多いですが、、、

よくよく調べてみると、帽子やヘルメットがハゲにつながる場合も、なくはなさそうですよ。

一概に都市伝説として片付けないほうが良いかもです。

【理由1】蒸れる

特に夏場などは、帽子を長時間かぶっていると、頭皮が汗で蒸れますよね。

 

それによって雑菌が繁殖しかゆみや異臭などの発生、時には皮膚に湿疹等や脱毛を起こす可能性もあります。

また、それが悪化して脂漏性皮膚炎などになると、抜け毛の発生のみならず、次に生えてくる髪の毛にも悪影響を与えかねません。

 

長時間の着帽が、むしろ良いという実験結果も存在はするようですので、適切なサイズの帽子をある特定の条件のもとでかぶった場合には、問題ない場合もあるようです。

しかし基本的には、あまり蒸れた状態が長時間続くのは決して頭皮に良いとは言えません

 

やはり頭皮環境は、清潔に保つ事が最も大事ですので、帽子による蒸れは決して髪の毛に良いとは言えませんね。

 

【理由2】締め付けられて血行が悪くなる

帽子のサイズが小さすぎて頭が締め付けられる場合、これも薄毛の原因につながりかねません。

 

キツいサイズの帽子ですと、それによって頭が締め付けられ、血行が悪くなります

血行が悪いということは、毛細血管の隅々まで血が行き渡らなくなります。

その結果、必要な栄養素が髪の毛を作る毛母細胞にも行き届かない事につながります。

 

小さなサイズの帽子を無理にかぶると、締め付けによって血行が悪くなります。

それも薄毛のいち要因となり得ますので、要注意ですね。

 

【理由3】髪の毛が擦れて傷む

これは帽子というよりも、バイクのヘルメットなどで顕著かもしれません。

 

頭を覆っている帽子やヘルメットによって、髪の毛がすれたりしますよね。
特に、かぶっているヘルメットが揺れたりすると、髪の毛はガッツリ擦れたりします。

擦れると、傷んでその箇所の毛がなくなったりします。

すね毛とかでも、クロップドパンツの着用時など、裾部分が擦れてなくなっていたりしませんか?

あれが髪の毛で発生する感じです(すね毛の時ほどガッツリとはいきにくいかと思いますが)

 

つまりそれが日常的に続くと、すね毛のように一気になくならなくても、髪の毛のキューティクルが剥がれて傷み、細くなって徐々に抜け毛が増えていく、という良からぬサイクルにハマり込む可能性があります。

しかし、、、帽子をかぶる事で頭皮に良い部分もありますよ

帽子の画像

一歩間違えると、ハゲに近づく可能性もある帽子ですが、適切な使用をすれば、むしろ頭皮には良い部分も多いです。

頭皮を紫外線から守れます

頭皮も他の部分の皮膚同様に、紫外線によってダメージを被ります

 

紫外線を多く受けることで、頭皮が硬くなり血行も悪くなる可能性が指摘されています。

また、日焼けによる頭皮の炎症は、皮脂が酸化し雑菌などから守りきれなくなるという側面もあります。

それらのダブルコンボで、それこそ薄毛への片道切符となりかねません。

 

ただ、紫外線の強い夏場などは、蒸れが心配になりますよね。

ですので、できればメッシュ素材の帽子などにすると良いかもです。

 

紫外線から頭皮を守る事のできる帽子は、実は薄毛対策に有効なスグレモノアイテムだったのです。

 

冬場などは頭皮を温める効果もあります

帽子によって頭皮を温め、特に冬場などは血管の収縮を防ぎ、血行を良くする効果も期待できます。

特に、寒い真冬の外出時などは、むき出しになっている頭部分を守るのは髪の毛だけ。

ですので身体の他の部分よりもキビシイ寒さにさらされている事になります。

 

ということは、血管も収縮し、毛細血管の先まで血液が行かず、結果髪の毛に必要な栄養素も行き渡らない、という事になりかねません。

 

夏場に蒸れる帽子も、冬場にはその防寒効果によって血流を良くし、栄養素を行き渡らせ、結果髪の毛に良い環境を保つ事ができます

 

帽子でハゲないために気をつけたいポイント

使い方さえ間違えなければ頭皮を守ってくれる帽子。

では、その帽子でハゲないためのポイントを見ていきます。

たまには外す

たまには帽子を外しましょう!

発汗後1〜2時間で雑菌が繁殖すると言われていますので、目安として1時間に1度程度ははずしたいところです。

また、室内にいる間ははずしておく、というのも良いかもしれません。

それによって蒸れた状態の継続を避け、雑菌の繁殖を抑える事ができます。

適切なサイズ選び【素材にも気を使えば尚良いです】

帽子は必ず試着して適正なサイズのものを購入しましょう

小さいサイズの帽子が、頭を締め付けて血行を悪くするのが良くない訳で、適切なサイズのものであれば、その心配もありません。

 

そして適切なサイズの帽子で、かつ季節によって素材など使い分けるとなお良いでしょう。

例えば夏場にはメッシュ素材のもの。

そして冬場には保温効果の高いニット帽など。

 

素材と、特にサイズに関してはしっかり適正なものを選びましょう。

 

分け目を変える

帽子をかぶる時には、オールバックにしたり、分け目をちょこちょこ変えてみたりも良い対策です。

常に同じ分け目で帽子をかぶっていると、その分け目の部分が引っ張られ、ピンポイントで負担がかかり、結果抜け毛が進行する可能性があります。

ですので、かぶり直す際に分け目をかえたり、オールバックにしたりと、同じ箇所に負担が集中しないように気をつけましょう。

帽子着用時には必ず洗髪する

帽子をかぶるのであれば、日々の洗髪は重要です。

帽子を着用した日は、特に夏場などは発汗量も増えて蒸れた状態の時間も増えますし、雑菌の繁殖も気になります。

ですので、その日は必ず洗髪をし、過剰になった皮脂汚れなどをしっかり取り除きましょう

洗髪によって清潔な状態を保つ事で、皮脂汚れなども落とす事ができ、帽子由来のハゲを防ぐ事ができるでしょう。

【帽子をかぶるとハゲるのは本当か】まとめ

帽子自体は髪の毛や頭皮にとって決して悪者ではありませんが、それによって頭皮環境が悪化すればハゲの原因のひとつになり得ます。

しかし、サイズや素材に気を使いつつ、清潔な頭皮を意識すれば、逆に好影響を与えてくれる場合も少なくありません。

 

ハゲや薄毛は、ひとつの要素ではなく、色んな複合的要素によって発生、進行しやすくなります。

 

帽子も頭皮環境にとっては諸刃の剣といった感じですので、上手く使用して髪の毛を守っていきましょう!

 

 

人気記事 薄毛にはまず生活習慣の改善を|運動不足やストレスも原因になる?

人気記事 薄毛の治療ならAGAスキンクリニック|費用やプラン、副作用の有無まで解説

 

スポンサードリンク

コメント