40代で若作りメンズの特徴はカラーリング?失敗しない色や髪型は?

年齢

 

なぜ、年齢によって服装をかえなくてはならないのでしょうか。

思い思いの服装で良い気もしますよね。

服装に関しては、徐々に年齢別の固定観念も薄れてきつつありますが、
ヘアスタイルや髪色に関しては、まだまだ根強い固定観念があります。

しかし、人間は集団で生きているものなので、
周囲の意見や視線も全く無視というわけにはいきませんよね。

そういった事もあり、「年齢も年齢だし仕方ないか」
と自分のしたいファッションや髪型を諦めているかもしれません。

 

この記事では、特にヘアスタイルにこだわって、
周囲の目線や意見も取り入れつつ、おしゃれなあなたになるための情報を提供いたします

 

スポンサードリンク

 

40代メンズで若作りに見えるカラーリング

私もまだ幼かった、昭和の時代の20代よりも若々しく見えるようにも感じます。

当然身なりに対する意識も向上しています。

そんな中、ヘアスタイルや髪色に関しても、
ちょっと個性を出してみたい、そう思っても何も不思議ではありません。

この項では、一般的な周囲の意見から、もし40代でカラーリングするのであれば
どのような色が良いのか見ていきます。

 

周囲の反応

では、最初に周囲の一般的な意見について見てみましょう。

顔周りの事だけに、より一層の清潔感が求められます。

40代メンズのカラーリングはあり?

40代メンズのカラーリングに関しては、すこぶる評判が悪いようです。

何をやっている人なのかわからず怪しい・うさんくさい
若い子にモテたいという下心が透けて見える
仕事の能力にまで疑問を感じてしまう

などなど
40代メンズのカラーリングに関しては、肯定的な意見はほぼないと思ったほうが良いですね。

なので基本的には黒髪、ナチュラルな色味が間違いのない選択です。

 

40代メンズにして欲しい髪型は?

まず、基本的にはやはり短めが人気のようです。

OZmallの調査結果を見てみましょう。


出典:OZmall


出典:OZmall

上記でもわかりますように
メンズの髪型に関しては、そもそも年齢を問わず
黒髪ショートが一番確実です。

清潔感のみならず、落ち着きや包容力の求められる40代においては
特に顕著であると考えたほうが良いです。

 

そして、なるべく額もだしていたほうが、より清潔感も増すのでオススメ。

 

 

若作りに見えない色

しかし、やはりカラーリングもしたい。

ときにはそんな事もあるかと思います。

先程も書きましたが、基本的にカラーリングはNGです。

しかし、どうしてもカラーリングしたい、という場合におすすめなのは
グリーン系の色ですね。

それをあまり明るくなりすぎない程度に入れると、
何というか枯れ草のような不思議な色合いになります。

明るすぎないのに軽さやオシャレ感の出る色。

私もここ数年は黒髪ですが、カラーリングをする際には
毎回グリーン系にしていましたね。

男性でこの色を入れている人はあまりおらず、被りにくいのもポイントです。

 

こちらは女性ですが、参考までに髪色の感じを


出典:biglobe beauty

 

画像で見るとわかりにくいですが
明るすぎず、でも軽さがある。

しかし鏡でじっくり見ると、別にカラーリングしている感はあまりない。

下品な感じもありませんので、40代男性にもぴったりの色味です。

 

 

40代メンズで黒髪に合う髪型

では次に、40代メンズが今の年齢に自信を持てる、
最高の自分になれるヘアスタイルを見ていきましょう。

若作りでなく、周囲からの評価もうなぎのぼり間違いなしのヘアスタイルをご紹介します。

 

おしゃれボウズ


出典:biglobe beauty

いわゆる従来どおりのボウズではなく
トップに若干の長さを残した、メリハリのあるボウズ。

清潔感もあり、スポーティな若々しさもあるので
活動的な印象を与える事もできます。

スーツとの相性も◎

 

ベリーショート


出典:biglobe beauty

シーンを選ばず、どなたにも似合うのがベリーショートですね。

基本的には、あまりまとめすぎずに
ワックスでざざっとスタイリングするのがポイント。

 

 

ツーブロック


出典:biglobe beauty

基本的に、サイドの部分はタイト目にまとめるのが
若々しく見せるポイント。

ツーブロックショートなら、その点理にかなっており
40代メンズにもおすすめ。

女子ウケも良く、メガネなどの小物との相性も良いヘアスタイル。

 

40代メンズの若作りに見えない服装

昔と比べ、とにかく若い、今の40代。

体型、顔のつくりなど、元々のもっているもの自体が、昔とは全く違うようにも感じられます。

食べ物や生活習慣、そして最近ではジムなどで鍛えている方が多いのもひとつの要因かもしれません。

見た目も若く、実際に体力面でも、40代でそこまで老け込んでいる人も少ないと思います。

 

そんな背景もあり、見た目への意識の向上からおしゃれにこだわるメンズが急増しています。

事実、大人の休日に向けた、キレイめデザインのカジュアル服も増えてきていますね。

 

若作りに見えずオシャレな服装のポイント

とにかく一番重要視されるのは、清潔感ですね。

そもそも、いまの40代が若く見える一番の要因が、その清潔感のようにも感じますし
その点においては特に意識する必要があるようです。

それと同時に、頼りがいのありそうな落ち着いた服装。

なので、それこそ学生の頃そのままのような服装は
周囲に期待される素敵な40代メンズとは離れてしまいますし
チャラいイメージで見られがちです。

 

スタイル良くみせるコーデの基本は、こちらの記事が参考になります。

低身長の男性のファッションは色とサイズ感!低く見せない大人コーデとは?

低身長でもスタイルよく見せられるコーデは、
逆に言うとどなたにも有効活用できる着こなし方なんですね。

 

 

まとめ

オシャレは好きだけど、年齢が年齢だし
周囲も落ち着いた風貌に変化している。

自分も、それなりに年齢を考えた服装、髪型にしたほうが良いのかな。
もう、若いときのようなオシャレは無理なのかな・・・

と考えていたあなた。

 

40代の今、できない服装がある代わりに
10代20代の時にできなかった服装が似合う。

しかも脂が乗って一番見た目的に魅力が増すのが40代です。

 

それには、良い意味での年相応を意識するのが大事。

 

そして、何に関しても清潔感を最重要視し
その上で、オシャレなエッセンスをプラスすれば、過去最強のあなたになれます。

 

「年だからできない」のではなく「今だからできる」
が正解です。

 

自信を持って、ますます魅力的なあなたになりましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 


コメント